月例セミナー#2

シリコンバレーと大手町をビデオ会議でつなぐSV Open Innovationの月例セミナー第2回は、3億ドルを運用するTranslink Capitalの創業パートナーである大谷俊哉氏をゲストスピーカーにお招きしました。シリコンバレーでの投資のプロセスや最近の投資の特徴などを投資家の立場からお伺いします。(全て日本語です。)

また、今回はウェビナー形式でも参加いただけるようにしました。インターネット接続のある端末があれば、ブラウザ経由でどこからでも参加いただけます。チケット申し込みの際に「ウェビナー参加」を選択下さい。お申込み後にウェビナーでの参加方法詳細をお知らせ致します。(ウェビナー形式の試行のため、前回ご参加いただいた方もウェビナー参加の場合は無料でご参加いただけます。)

形式

  • ビデオ会議でシリコンバレーと大手町を中継

内容

  • ライブインタビュー(日本語):大谷俊哉氏
  • 今月のアップデート(日本語):最近の投資や事業提携などの情報をまとめてお伝えします

開催地

開催日

  • 12月15日 朝8-9時

ゲストスピーカー

  • 大谷 俊哉
    Translink Capital共同創業者・マネージングディレクター

    • ハイテク企業への投資及び経営に関し日米で20年以上の経験を持つ
    • Translinikはシリコンバレーに加え、北京、ソウル、台北、東京にオフィスを持ち、米国ベンチャーのアジア展開をサポートしている
    • これまでに40社以上に投資、そのうちエグジットした16社には、ナスダックに上場したCarbonite、Googleに買収されたWildfire、Uberに買収されたdeCarta、Ciscoに買収されたCliQr等がある
    • Translink Capital創業以前は、光通信の米国ベンチャーキャピタルの立ち上げ、テクノロジーベンチャーのEverypath社のアジアの統括、三菱商事でテクノロジー関連の事業開発に従事
    • スタンフォード大学 MBA、慶応義塾大学機械工学学士

お申し込み

 

お問い合わせはsvoi@bluehsiftglobal.comまでお願いいたします。