大手町での無料セミナー:米国フィンテック最前線展示会Money20/20報告会 11月7日

Money2020_KeynoteMoney20/20キーノートスピーチ

10月にラスベガスで開催されたMoney20/20の最新情報をご報告します。フィンテックの最前線で何がホットな情報なのか、興味のある方はぜひご参加ください。

Money20/20は「マネーの未来」をテーマとし、金融と技術の接点でいま最も注目される展示会で、今年もラスベガスの展示会場で企業展示とともに多数のセッションが行われました。そこでの学びを現地で実際に参加した講師がご紹介します。

本セミナーは無料ですが、参加人数に制限がございますので下記リンクよりお早めにお申込みください。

  • 開催日時:11月7日(水) 5:30 – 6:30 pm
  • 参加費用:無料
  • 開催場所:グローバルビジネスハブ東京
    〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9-2
    大手町フィナンシャルシティ グランキューブ3階
  • 講師:
register
上記ボタンが動かない時は下記URLにてご記入ください
https://goo.gl/forms/spE1rtwn80evRHsu2

共催:Translink Capital
translink-capital_logo

Money20/20ベンチャー探索サポートプログラム

money2020_image.001フィンテックで中核的存在となった展示会 Money20/20 で、魅力的なベンチャーを効率的に発掘するためのプログラムです。

プログラム内容

  • Money20/20 注目ベンチャー40社リスト(40ページ)
  • ラスベガスでのMoney20/20開始前日のセミナー
  • 会期後の東京での報告会
  • 会期後の報告書(50-70ページ)

世界から参加する400社以上のベンチャーから優れたベンチャー40社を洗い出し、そのどこが魅力なのかを展示会の開始前にレポートとセミナーでご紹介・解説、さらに開始後に実際の展示会の総括を行うことで理解を深めます。

ベンチャーと日本企業の橋渡しを長年手がけてきたシリコンバレーのスペシャリストの「目利き」のノウハウをコンファレンス参加にお役立てください。

また、現地参加はできない方にも、セミナーの録画と報告書をご提供するパッケージもご用意しました。

詳細な内容、価格につきましてはこのリンクでPDFをダウンロードください。

お申し込みはリンク先 のeventbriteからか、またはsvoi@blueshiftglobal.comまでご連絡ください。

北米ベンチャー探索・評価 応用編セミナー@大手町

<定員に達しましたので受付は締め切りました>

北米の優良ベンチャー探索・評価の具体的な方法について、日本企業の皆様の関心が高い事項について、深掘りした内容を具体的に討議するセミナーを6月8日に開催します。具体的な問題・質問について討議する形式をとるため定員20名に限定、定員まで残り若干名となっておりますので、関心のある方はお早めにお申し込みください。

“北米ベンチャー探索・評価 応用編セミナー@大手町” の続きを読む

北米の優良ベンチャーを探索・評価する3つのルールウェビナー

<本ウェビナーは終了しました>

シリコンバレー的なベンチャーとのオープンイノベーションを望まれる日本企業で、こんな悩みを持っている方を対象に具体的な方法をお話しします。

  • 優れた米国ベンチャーを探し出したい
  • ベンチャーからコンタクトされた時に、そのベンチャーを正しく評価したい
  • 高価な米国の展示会に参加しても、その成果が業界動向理解に止まり、優良ベンチャーとの接点確立の場として活用できていない
  • 情報拠点設置、CVC設立などいろいろな施策を取ってきたが、なかなか良いベンチャーとの協業が実現しない

“北米の優良ベンチャーを探索・評価する3つのルールウェビナー” の続きを読む

デジタルヘルス最新投資動向ウェビナー

日時:2月23日9AM-10AM (日本時間)

誰もがスマートフォーンを持つようになり、行動のトラッキングや、服薬管理、定常的な行動改善のツールとしてのスマートフォンの活用が行われるようになってきています。医療の現場でも情報のデジタル化が進展、さらに遺伝子診断技術が向上、しかも安価になってきたことで遺伝子と疾病の関連性の理解も進んでいます。

“デジタルヘルス最新投資動向ウェビナー” の続きを読む

リテールテック最新投資動向ウェビナー

日時:2月16日9AM-10AM (日本時間)

アメリカでは、百貨店をはじめとするリアル店舗チェーンが次々と倒産する中、アマゾンが5万人を雇用する第2本社を発表、画像AI処理などのテクノロジーを駆使した無人コンビニを一般公開、今後さらに強力に変革を推し進めることが予測されています。一方でスマートフォンにより消費者の位置情報がわかるようになったことで、オンラインとオフラインの消費者行動を結びつけてより緻密な消費者属性を洗い出すことも可能になってきており、リテールは激動期を迎えています。

“リテールテック最新投資動向ウェビナー” の続きを読む