☕️ Clubhouse☕️ 【シリコンバレーのベンチャー部屋】

Square

毎週火曜日アメリカ西海岸時間午後4時(日本時間水曜朝8時)より、最近増資したアメリカのスタートアップをサクッと☕️ コーヒー片手に☕️ カジュアルに語っています。これらのClubhouse部屋での会話は、参加者様に予め許可を得た上、音声のみ収録しております。

2021年7月27日収録分 『Tonkean:ノーコード・プロセス自動化』
6月に$50M調達したTonkeanは2015年創業のサンフランシスコのベンチャーで、「コードを書かずに複数のアプリをまたがるプロセスを自動化するノーコード・オートメーションプラットフォーム」を提供しています。多数の企業が似たようなノーコードソリューションを提供していますがTonkeanはフロンドエンドで統合するRPAとバックエンドでAPIを使って統合するインテグレーションプラットフォームのどちらもできることをセールスポイントにしています。
2021年7月20日収録分 「Solana:高速ブロックチェーン」
Solanaは2017年創業、6月に$314Mを調達したブロックチェーン開発ベンチャーです。Qualcommでチップ開発をしていた人たちが無線通信のノウハウをブロックチェーンの生かして考案した新たなコンセンサス方式で、1秒あたり5万トランザクションというスループットを実現し、最近話題のブロックチェーンです。(ビットコインは7、イーサリアムでもその倍くらいしかありません。)
2021年7月13日収録分 「TRIPP:サイケデリック瞑想VRアプリー」
TRIPPは2017年創業、6月に$11Mを調達したベンチャーで、LSDやマジックマッシュルームと言った違法な幻覚剤なしでトリップしてメンタルヘルスを向上するアプリをサブスクリプション販売しています。VR投資は5年ほど前のブームのあとは下火になっている一方で、メンタルヘルス系への投資は非常に盛んで、TRIPPもその一つ。 マジックマッシュルームに含まれるPsilocybin(カタカナではシロシビン)を薬として販売することを狙うベンチャーは多々あり、ピーターティールが投資したAtaiもその一社で6月にNasdaqに企業価値$2.3Bで上場、それ以外にもMindMed、Compass Pathwaysといった企業も上場しています。 参考: Andreessen Horowitzのバイオ系ポッドキャスト、Journal ClubでUC DavisでPsilocybinの研究者をインタビューしたA Safer Psychedelic https://www.notion.so/Tripp-0e9037bc2… Michael Pollanがサイケデリックについて2018年に出版した著書「How to Change Your Mind: What the New Science of Psychedelics Teaches Us About Consciousness, Dying, Addiction, Depression, and Transcendence」 https://www.amazon.com/gp/product/B07…
2021年7月6日収録分 「Set Labs:暗号通貨のインデックス・デリバティブが誰でも作れるプロトコル」
Set Labsはサンフランシスコで2017年創業、5月末にCoinbase Ventures等から$14M を調達しこれまでの調達総額は$16Mになりました。ERC20トークンを組み合わせた金融商品を発行・運用するためのプロトコルを開発、さらに同社が運営するサイトTokenSets.comで既にある「セット」に投資でしたり、新しい自分の「セット」を作ることができます。
2021年6月29日収録分 「VisibleRisk:サイバーリスク定量評価」
2019年創業のVisibleRiskは、この5月に$25Mを調達したニューヨークのベンチャーです。格付け機関のMoody’s とイスラエルのビジネスアクセラレータ・VCのTeam8がジョイントベンチャーとして設立、「サイバーリスクの定量化」が事業です。
2021年6月22日収録分 TerraClear:農地石拾いロボット 
ワシントン州ベルビューのTerraClearはこの5月にシリーズAで$25 millionを調達したベンチャーです。90年代にOnyx Software、2006年にSmartsheetを創業しいずれも上場させたシリアルアントレプレナーのBrent Freiが起業、ドローンで撮影した画像をAIで解析して石の場所を特定しそれをトラクターが拾います。1時間に400個、重量で300ポンドまでの石を拾うことができ、$25,000-$50,000で販売するとして現在プレオーダー受付中です。

2021年6月15日収録分 「Anthropic:汎用AI研究開発」
創業とともに$124Mの資金調達をしたサンフランシスコのAnthropicは、OpenAIでリサーチ部門のVPだったDario Amodeiが創業した汎用AI研究開発のベンチャーです。できたばかりのベンチャーに100億円以上の資金を提供しているのは、元GoogleのCEOのEric Schmidt、Facebookの競合創業者のDustin Moskovitz、Skypeの共同創業者のJaan Tallinnなどエンジェル投資家が主体、という格差拡大社会の象徴のような資金調達でもあります。
2021年6月8日収録分 「ChiaNetwork:ブロックチェーン+暗号通貨」
2017年8月に創業したChia Networkは、P2Pファイルシェアリングで有名なBitTorrentを作ったBram Cohenが創業者のブロックチェーン。5月17日にメインネットがローンチして実際の取引を行うことが可能になりました。 ChiaはProof of Space Timeというコンセンサス方式をとっているため、Proof of Workのビットコインのように大量の電力を必要とせず地球に優しい、というのが売り。CPUパワーの代わりにハードディスクの容量を利用するのですが、そのせいで世界のハードディスク供給が逼迫する事態を招いたことでも一部で話題になりました。 一般的にブロックチェーンのノードを運用することをマイニング(採掘)、それをする人たちはマイナー(採掘者)と呼ばれますが、Chiaはコンセプトが「農業」で、ブロックチェーン運用に使われるHDDは「プロット」、そのHDDを供給している参加者は「ファーマー」と称され、2019年7月に発表したホワイトペーパーは「グリーンペーパー」と題されています。
2021年5月25日収録分 「Copysmith:AIで広告コピー自動生成」
アラバマ州バーミンガムで去年10月に創業されたCopysmithは4月に$12 million調達。製品説明文やキーワードを入れると媒体別に最適なコピーを生成、媒体としてはAmazon、Facebook、Google、Instagramなどが対象です。さらにプレスリリース、ランディングページの文章、SEOメタタグやブログの文章やアウトラインも作ってくれます。驚くほど自然な文章ができる秘密はGPT-3を使っていること。GPT-3を開発するOpenAIはサンフランシスコでElon Musk、Peter Thiel、Sam Altman、Reid Hoffmanなどが総計$1 billionを出資して作られたNPOで、GoogleのDeepMindの競合として位置付けられています。 Copysmith.aiのサイトで誰でも無料でトライアルできますので興味のある方はぜひどうぞ。 https://copysmith.ai/
2021年5月18日収録分 「Alto Solutions:セルフディレクテッド年金投資」
不動産やベンチャー企業など、なんでも投資できるセルフディレクテッド年金投資口座が開設できるAlto Solutionsは、2016年創業で、この4月に$17 million調達し総調達額は$30.3 millionになりました。Alto Solutionsで口座を開設すると、同社のパートナー25社を通じてオルタナティブ投資ができるのが売りですが、その中には油田、農地、マリファナ事業への投資もあります。
参考: オルタナティブ投資サイトのRepublic: https://youtu.be/qf7-gqwwZUs
  セカンドハウス分割所有のPacaso:https://youtu.be/na79dwq-4Lo
2021年5月4日収録分 「ElevateBio:細胞治療・遺伝子治療インキュベーター」
2017年創業でこの3月に$525M調達したElevateBioはボストン近郊のベンチャーで、細胞・遺伝子治療関連で複数の事業をインキュベートしています。現在、インフルエンザ、肝炎などの治療薬を開発するAlloVirとT細胞免疫治療薬を開発するHighPassBioを傘下に持ち、マサチューセッツジェネラルホスピタルと共同研究も行っています。バイオ系ではこうしたインキュベータモデルのベンチャーが複数多額の資金調達をしていますが、同様のモデルがうまくいかなかったIT系とどう違うのかを話しました。
2021年4月20日収録分 「Bumped:買い物をすると株がもらえるポイントシステム」
Bumpedはポートランドで2017年に創業したベンチャーで、これまでに$35M調達しています。ビジネスは、レストランや小売で買い物をするとポイントの代わりに株が少しずつもらえる、というもの。エアポートマイルをはじめとして様々な「ポイント」の経済は世界で600億ドル、約6兆円の巨大市場でその変わり種がこのBumpedです。
2021年4月8日収録分 「AppliedVR:VRで慢性的な痛みを改善」
AppliedVRは南カリフォルニアで2015年創業、3月に$29 million 調達し、これまでの総調達金額は$35 millionになりました。これまでに240の病院で3万人がVRを使った痛み治療のトライアルを受け、スタンフォード大学と共同で二重盲検法による効果の計測も行われています。

2021年4月7日収録分 「Republic:オルタナティブ投資サイト」
2016年創業のRepublicは、スタートアップや、不動産、ゲームなどのオルタナティブ投資ができるサイトで、これまでに$64 million を調達、うち$36 million は3月に調達しています。サイト上では、100万人以上が投資家として登録、過去12ヶ月で$150 million以上が250社に投資されたとのことです。 Republicの事業ができるきっかけはJumpstart Our Business Startups Act、通称JOBS Actと呼ばれる法案で、これは2012年に可決され、2012年から2016年にかけて徐々に施行されてきました。JOBS Actにより現在 $5 millionまでクラウドファンデイングで株式による資金調達ができるようになり、また、$75millionまでの資金調達では簡易的なIPOが可能になりました。 Republicでの投資はSAFEというY Combinatorが弁護士事務所と共同で作った投資書類が利用されています。SAFEについては、2014年にブログで渡辺が解説しています→ https://chikawatanabe.com/2014/11/01/…​ なお、サイトURLはRepublic.coです。.comにするとUKのストリートファッションブランドのサイトに行ってしまいますのでご注意ください。
2021年4月6日収録分 「Cameo:有名人にパーソナライズされた動画撮影を依頼できるサイト」
シカゴで2017年に創業されたCameoはこれまでに$165 millionを調達。年間売上も既に$100 million、100億円を超していると言われています。事業内容は、「芸能人やスポーツ選手にパーソナライズされたビデオを作ってもらえるサービス」で、250文字以内でリクエストを送って対象の芸能人がOKすると7日以内にそのビデオが送られます。リクエストできる「芸能人」としては、俳優、YouTuber、ミュージシャンから、犬・猫・レッサーパンダといった動物、サンタクロースまでいろいろです。
2021年4月1日収録分 「DripCapital:インド・メキシコ等と北米の輸出入トレードファイナンス」
輸出時の出荷書類(船積み証明など)を提示することで、その商品が買い手に届いた時に受ける料金をキャッシュで借りられるトレードファイナンスを提供するDripCapitalは2014年創業で、これまでに$45 millionを調達しています。2016年にインドで、2018年メキシコでの事業を始め、2020年には米国の輸入業者向けのソリューションを提供しはじめました。一件あたりの貸出しは$100,000 ~$2.5 million、これまでに$1.2 billion分の取引を扱ってきています。
2021年3月30日収録分 「Weee!:アジア系食材オンラインスーパー」
Weee!は2015年カリフォルニア創業のベンチャーで、中国から2003年にアメリカに来てAtmelで働いていたLarry Liuがグリーンカード設立を期に会社を辞めて起業。3月に$315Mを増資し、これまでの調達総額は$398Mになりました。さらに、Weee!の投資家を手繰っていくと、ロシアの野望、パラダイス文書、米国金融界を揺るがすアルケゴス問題にも話題は広がります。
2021年3月31日収録分「Pacaso:セカンドハウス分割所有」
不動産物件サイトのZillowの元創業CEOが2000年に始めたベンチャーで、これまでに$75Mを株式調達、加えて$1.25Bの借入れを行っています。不動産業者とパートナーになり、セカンドハウスに適した物件を仕入れ、一軒ごとにLLCを作りそれを8分割して販売、管理するのがPacasoのビジネスモデルです。
2021年3月25日収録分 「Axiom:民間初の宇宙ステーションベンチャー」
2016年創業、2月に$130Mを調達したAxiomは民間初の宇宙ステーション設営を目指すベンチャー。居住ポッドはフィリップスタルク設計で、2022年には3名の民間人をISSに送り込む予定で、そのお値段は$55Mとも噂されています。
2021年3月24日収録分 「Microstrategy:9万ビットコインを購入したエンタープライズソフトウェア企業」
2020年の8月から異様なペースでビットコインを購入し続けているMicrostrategy。ビジネスインテリジェンス用ソフトウェアを販売する売上$500M、社員2000人の企業ですが、CEOは「キャッシュはゴミ。溶けかけの氷山。ビットコインはデジタルゴールド」と語っています。帳簿上資産は$1.5Bにもかかわらずビットコイン持分評価額は$5Bを超す含み益状態に。

2021年3月23日収録分 「BetterUp:ハリー王子がチーフインパクトオフィサーに就任したコーチングサービス」
2013年サンフラシスコ創業、2月に$125M増資し総調達額が$270Mになった企業内リーダーシップ・コーチングのBetterUp。隔週または月一回のオンラインでのコーチとのセッションに、テキストメッセージングでのコーチとのやり取りとオンラインラーニングコンテンツを利用したマイクロ
3月18日収録分 「Pex:世界のソーシャルメディアで著作権利用モニタリング+ロイヤリティ課金」
Pexは、Facebook、Twitter、YouTube、Vimeo、Twitch、TikTokなど世界のソーシャルメディアをモニタリングし、著作権のある音楽や映像の不正利用を特定、著作権者がその権利を行使するところまでをサポートします。 EUで2021年6月21日からArticle 17と呼ばれるルールが施行され、違法コンテンツが掲載された場合、掲載したプラットフォームが罰則を科されるようになることからPexの今後の成長が期待されています。 Pexは2014年にLAで創業、これまでに$64M、うち$57Mを2月に調達、投資家にはTencentやWarner Music Groupも入っています。
2021年3月17日収録分 「Evolve Biosystems」 
UC Davis(カリフォルニア大学デイビス校)の教授が2012年に創業したベンチャー、Evolve Biosystemsは、腸内細菌のB.infantisをEvivoという名称で2017年に販売開始、既に数万人の新生児がこの恩恵を受けてきました。人体のバクテリアは、人間の細胞の10倍いるとされ、その多岐にわたる人体への影響が注目を集めています。興味のある方は「microbiota」「microbiome」で検索してみてください。
2021年3月16日収録分 「Silvergate銀行」
暗号通貨関連取引での米ドルが関連するプロセスをバックエンドで提供するSilvergate銀行を紹介します。他の銀行が暗号通貨取引所との取引を次々に取りやめた2013年に逆張りで暗号通貨取引ビジネスを開始、今では米ドル取扱い周りでは、メジャーな暗号通貨取引所が軒並みSIlvergateを利用する寡占状態になっています。Silvergateは2019年に株式公開、昨年の10月から今年の3月にかけて株価が10倍に。さらにそれを利用して1月、3月と2回新株発行で$550 million、約600億円を市場から調達もしています。
2021年3月11日収録分 「Abound」
2016年創業、シードで$4 millionを調達した後、今年2月に$23 millionの増資を行ったAboundを紹介しました。2020年当初から18万製品がサイト上に加わったAboundは、60日以内返品可能・審査を通れば支払いも60日後でよく、小売店がリスク回避できるようになっています。
2021年3月9日収録分 「SPACバブル崩壊の兆し」
まず上場してから事業会社と合併することでその事業会社を上場させるSPAC。Virgin GalacticやNikola、Opendoorなど多数のベンチャーがSPACとの合併で上場しています。ここ数年、多額の資金を調達し続けてきたSPACですが、2月半ばからその傾向に陰りが見えてきている件について話しました。
2021年3月3日収録分 「AppOnBoard」プログラミングを知らなくてもモバイルゲームが作れるAppOnBoardを紹介。ここ数年メインストリーム化しつつあるノーコード開発のベンチャーですが、AppOnBoardはゲーム開発に特化しています。2016年にロサンジェルスで創業、これまでに約65億円を調達、うち約20億円は今年の1月に調達しました。
2021年3月2日収録分 「Solo Funds」
P2Pで平均$200のお金を貸しあうマーケットプレースのSolo Fundsを紹介します。2016年ロサンジェルス創業、2月に$10 million調達しています。
2021年2月25日収録分 「Divvy」
フィジカル・バーチャル、両方のコーポレートカードを作って、細やかに予算管理し、経費処理を自動化できるDivvyを紹介しました。
2021年2月24日収録分 「EQRx」既知の標的に作用する新薬開発で2020年1月に$200 million、2021年1月にさらに$500 million調達したEQRxの紹介です。
2021年2月23日収録分「NBA Top Shot」
NBAの決定的瞬間動画をブロックチェーン上のアセット、NFTにして販売するNBA Top Shotの紹介です。2017年に一瞬クリプト界を沸かしたNFTのCriptoKittiesを開発したDapper Labsが運営、2020年10月から2021年2月までに$123 millionの取引が行われています。Dapper Labsは、NFT取引用のブロックチェーン、Flowも開発しています。
2021年2月11日収録分 「Hipcamp」
キャンプ場のAirBnB、 Hipcampの紹介です。 https://www.hipcamp.com/
2021年2月9日収録分 「Reddit」
DAU5200万人、50%以上のトラフィックをアメリカ国外から集める巨大掲示板、Redditの紹介です。2月に$368 millionを調達して総調達額は$919 millionになっています。
2021年2月4日収録分  トピック「Thrasio」
Amazon上のサードパーティーセラーを多数買収してロールアップするThrasioの紹介です。 米国ベンチャー関連のウェビナーも開催しています。
2021年2月3日収録分 トピック「Descript」
音声を文字起こしし、文字を編集すると、それとあわせて音声・動画も編集される、というDescriptを紹介しました。