SPAC上場と最新投資動向

Square

ここ数年、アメリカ株式市場に面白い動きが出てきました。SPACによるベンチャーの公開企業化です。90年代には「Backdoor Listing (裏口上場)」とも呼ばれたSPACですが、最近アメリカではBlank Check Companies (空白小切手会社)として知られるこの方法で上場する会社が急激に増えました*。

最近では、この手法で公開企業になったEVのNikolaが実は虚像だらけの会社だったと話題となっています。その一方で、世界トップクラスの投資家達がSPACを設立するなど熱い注目を浴びています。

  • SPAC公開した会社例:Virgin Galactic、Velodyne Lidar, Nikolaなど。
  • Pershing Square Capitalのビル・アックマンもSPAC設立、AirBnBやSquareと交渉。
  • ポール・ライアン元下院議長も脱政治でSPACデビュー。
  • リチャード・ブランソン氏もVG AcquisitionというSPACを開設!

など、ベンチャー企業と合併することで通常のIPOの手段を経ないで公開企業にさせるSPACと最新投資動向についてお話しします。 

*: SPACとBlank Check Company、Backdoor Listingは正確には少しずつ違うが、同義で語られることが多い

ウェビナー資料+PDF価格:$50